サイバーホビー 1/72 海上自衛隊 S-61A シーキング “南極観測隊仕様”

0089195851116

サイバーホビー 1/72 海上自衛隊 S-61A シーキング "南極観測隊仕様"

定価(税込)
¥3,465
販売価格(税込)
¥2,945
在庫状態 : 売切れ
売切れ
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo` not found]

【実機について】
アメリカのシコルスキー社によって開発され1961年から生産が開始されたSH-3シーキングは最初アメリカ海軍によって対潜戦闘任務などに使用されていました。  世界で最初の着水能力を持ったヘリコプターとしても知られるシーキングの性能は高い評価を集め、日本を含めて世界各国で配備されたのです。  三菱重工業によってライセンス生産された日本では海上自衛隊の対潜哨戒型としてHSS-2を配備しましたが、加えて装備を変更した輸送機型としてS-61も生産されていました。 海上自衛隊では1965年から2008年までS-61AとA1を南極観測隊の支援用として装備し、運用。南極観測船初代「しらせ」の艦載機として南極観測隊に参加。物資の輸送などに活躍したのです。
【キットについて】
海上自衛隊が運用したヘリコプター、S-61Aの南極観測支援機、初代「しらせ」艦載機タイプを再現。  すでにサイバーホビーの1/72シリーズからはシーキングファミリー各機がラインアップされていますが、今回のモデル化にあたっては各パーツを見直し、海上自衛隊の南極観測支援機を再現するために必要な部品の追加や改修など、アップデートを実施。  たとえば、機首のコクピット周りに取り付けられ、パイロットの視界をサポートする4本のミラーも再現。また、左右2つのパーツで構成される胴体には新たに追加されたサイドウインドウも追加。加えて、内側には室内のディテールを彫刻表現して、リアルな仕上がりです。  キャビンのドアは開けた状態で組み立てることもできますから、室内の組み立てに腕を振るってみるのも楽しみ。さらに、機体側面に取り付けられるサーチライトもモデル化しました。  海上自衛隊のS-61Aの違いを同じスケールで揃う他のシーキングファミリー各機と作り較べてみるのも興味深いことでしょう。マーキングは高品質なイタリアのカルトグラフ社製で南極観測船「しらせ」に搭載された海上自衛隊しらせ飛行科のS-61のマーキングをセット。機首をオレンジに塗装したカラーリングはもちろん、ペンギンをあしらったマスコットマークも楽しみです。